将来性が高い職場とは

今後の日本は、webがIT産業の中心を担っていくものであると考えられています。大企業はもとより、中小企業でもさまざまなwebサービスを展開する時代です。ホームページを持っていない企業も少なく、ECサイトを構築しようとしている会社も数多く存在しています。そうした会社を相手にして仕事をしていけるので、少なくとも今後数十年は成長をし続けることが期待されているようです。
スマホの登場によって、さらに活躍の場が広がった点も見逃せません。スマホにまで手を広げたwebエンジニアは、さらに寿命が伸びるといわれています。求人の数もまだ増加し続けることが予想されているので、仕事を探すのは当分楽でしょう。ただ、IT専門の企業で仕事をするのか、また非IT系の企業に入ってそこでIT部門を担当するのかで、少し将来性は変わってきます。もちろん、IT専門の企業のほうが、将来性は高い傾向にあります。なぜなら、非IT系の企業ではそれほど難しいことを要求されないので、年齢が上がれば使い捨てにされる危険性があるからです。若い人に同じことができるのであれば、会社は若い人の方を残そうとします。
。IT専門の会社であれば、仕事は非常に専門的になるでしょう。スキルアップもしやすく、本当のプロになれるのです。実力がつくので、将来的にも一人で食べていくことができるようになります。非IT系の企業では長く働いていても、IT専門の企業に比べると専門的なスキルは身につきません。ただ、待遇面ではさすがにこちらのほうが圧倒的にいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です