webエンジニアの管理職

webエンジニアとして管理職になるのは、非常に大変なことです。他のwebエンジニアを監督したり、指導していけるだけの実力が必要になります。人に負けないだけの深い知識と長い経験を積まなければ、務まるものではありません。
webエンジニア業界には、管理職ポストを満足にこなせるだけの人材が少ないのが現状です。そのため、会社によってはそうした優秀な人材を外部から引き抜くこともあります。ダイレクトに管理職ポストの求人を出して、フリーランスとして活動をしている人たちを組織に迎え入れようとしているのです。フリーランスエンジニアの中には、管理職ポストであっても満足にこなせるだけのスーパーマンが多数存在しています。自分一人の力だけで生き残ってきた人たちなので、若手社員への手本となってくれることでしょう。すでに実績十分な人もおり、企業の中には非常に高い報酬を提示して、そうした人たちへ向けた求人を出しているケースが目立つようです。大企業でも、一部プロジェクトリーダーのポストを外部に向けて発信していることがあります。
管理職求人に採用がされると、月収は100万円前後になることが多いです。しかし、責任は重く残業をしても管理職であれば残業代が付くことは少ないでしょう。通常の社員とは適用になる労働法規の種類も変わってくるので、その点は覚悟しておかなければいけません。ただ、個人でする仕事とは明らかに規模が違うプロジェクトに参加でき、新鮮な刺激を得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です